モンゴルのゲル

モンゴル民族をお招きして一緒にすごすゲルを作ろうと計画はしたものの、建物図面だけでは困難なことがはっきりしました。そこでAsean-japan支部の協力で、部品の精密な図面や組み立て順序を紹介した写真などの提供協力を受けることになりました。他方、留学生支援をしているAsean-Japan支部は、鹿児島の大学への進学希望の留学生の支援で南九州支部の協力を受けることになりました。


[PR]
# by fsun_minami | 2004-12-16 09:18 | 支部活動

ネスレ・チャリティベンダー

ベネットウエストジャパン ベネット九州株式会社 鹿児島営業所 前園 昌宏 氏よりチャリティーベンダー設置に関してのご報告をいただきました。


ごあいさつ
[PR]
# by fsun_minami | 2004-11-11 09:08 | チャリティ

中越地震の支援に・・・


新潟中越地震の支援のために南九州地方では、モンゴルの遊牧民テント(ゲル)をまねたテントを作りおくったらどうかという真剣な論議も交わされています。理由は、実際にモンゴルのゲルで寝泊りした事のある体験者が、極寒の強風かにあっても壊れず、組み立ては1時間で家族が一緒に住める空間を確保できるからというもの、、。まじめな論議の先には、本格的に大量製作の検討もありそうになってきました。今回はゲルの内部写真を用意できないので、モンゴルで買い求めた絵で雰囲気を紹介します。
[PR]
# by fsun_minami | 2004-11-09 09:05 | 支部活動

新幹線開通記念


部分開業とはいえ、東海道新幹線開通から40年目、鹿児島にも新幹線がやってきました。新幹線効果は、経済的な波及効果も大きなものがありますが、市民の意識変革に期待が持てます。日本の南の玄関口、そして国際交流の前線基地としての意識が高まってきているように思います。さて、南九州支部(鹿児島)はコツコツとチャリテイーベンダー設置活動を行っています。この活動は、今後とも変わらずに努力していきます。FSUNモンゴルの方々から来年は、2000年に贈ったゲルのメンテナンス(知覧町・鹿児島市少年の家)に行きますとの連絡ありました。国際交流には力を今後とも入れていきたいと考えています。さて、この写真のほか、新幹線や観光名所の写真など多くとってあります。チャリテイー目的でほしい方にはお分けしたいと思います(寄附金つき販売)。本部事務局にお問い合わせください。
[PR]
# by fsun_minami | 2004-10-22 09:02 | チャリティ